日本測地学会
The Geodetic Society of Japan

測地学会ニュース

◆◇◆ Japan Geoscience Union Meeting 2022


Japan Geoscience Union Meeting 2022(日本地球惑星科学連合2022年大会)が下記日程でハイブリッド方式(現地開催+オンライン開催)で開催されます。ぜひご参加下さい。

会期 : 2022年5月22日(日) ~ 6月3日(金)
【ハイブリッド期間】 2022年5月22日(日) ~ 27日(金)
【オンラインポスターセッション】 2022年5月29日(日) ~ 6月3日(金)
開催方式 : ハイブリッド方式(現地開催+オンライン開催)
現地会場 : 幕張メッセ
https://www.jpgu.org/meeting_j2022/

◆◇◆ 国土地理院「地図と測量の科学館」企画展「緯度経度 世界共通の正確な「ものさし」へ-世界測地系導入から20年-」


国土地理院「地図と測量の科学館」では、現在、企画展「緯度経度 世界共通の正確な「ものさし」へ-世界測地系導入から20年-」を開催しています。
日本の測地基準座標系の変遷、成り立ちとその役割、今後の展望などを展示しておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.gsi.go.jp/MUSEUM/p09.html

開催期間:令和4年3月23日(水)~6月26日(日)9:30~16:00
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は順次翌日)
会場:国土地理院「地図と測量の科学館」2階「特別展示室」

展示内容は、Webでもご覧いただけますが、お時間があればぜひ現地に足をお運びください。
https://www.gsi.go.jp/common/000238957.pdf

◆◇◆ 東京大学地震研究所2023年度特定機器利用の公募について


本所では、特定機器利用の公募を開始いたしました。
公募開始時期、締切ともに例年よりも1ヶ月早まっておりますので
申請の際にはご注意いただけますようお願い申し上げます。

また、2022年5月1日より、ConfitのURLが移行いたしました。
以前のURLからは申請いただけませんので、下部URLからの申請をお願いいたします。

・公募事項:地震研究所共同利用特定機器利用
・申請方法:指定の様式(M-1)に記入の上、Web申請システムより提出してください
・申請期限:2022年6月30日(木)
・公募要領:https://www.eri.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2022/05/2023tokuteikiki.pdf

◆◇◆ 日本測地学会 総会開催について


日本測地学会会員 各位

日本測地学会総会をオンラインで開催しますので、
ご参加くださいますようお願い申し上げます。

日時: 2022年5月26日(木) 12:30 〜 13:30

会場: オンライン開催(Zoom会議)
アクセス方法は後日、測地学会メールマガジンでお知らせします。
(メールマガジン未登録者は、事務局まで登録するメールアドレスをお知らせください。)

議題および資料の閲覧方法については、開催通知をご覧ください。
資料は5月16日(月)に日本測地学会ウェブサイトに掲載する予定です。

なお、都合によりご出席できない場合は、5月20日(金)までに、
測地学会事務局へ委任状をお送りください。

(開催通知はメールマガジン第635号でも送付しました。メールマガジン未登録者には開催通知のみ郵送いたします。)

◆◇◆ 東京大学地震研究所2023年度国際室外国人客員教員の推薦公募のお知らせ


平素より地震研究所につきまして、格別のご配慮とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、当研究所において、2023年度国際室外国人客員教員の推薦公募をいたしますので、関係の研究者へ周知方ご配慮くださるようよろしくお願いいたします。

詳細は、地震研究所(共同利用)ホームページをご覧ください。
(公募要領)

1.推薦者の資格: 日本在住の、大学及び国・公立研究機関の教授もしくは准教授またはこれに準ずる研究者
2.被推薦者の資格と人数: 教授、准教授、助教、博士号取得後研究者もしくはそれらに相当する研究歴をもつ外国在住の研究者 若干名
3.雇用期間: 2023 年 4 月 1 日 - 10 月 1 日の間に開始する 4 ヶ月 - 12 ヶ月
      ただし、所属機関の都合により4ヶ月以上の滞在ができない場合は3ヶ月以上に限り申請を受け付けます。理由を明記のうえ、申請してください。
4.研究分野: 地震・火山および関連諸分野
5.推薦締切: 2022 年 8 月 2 日(火) 必着

過去のニュース

年ごとの一覧へ