日本測地学会
The Geodetic Society of Japan

測地学会員の皆様へ

最新ニュース/2022年9月28日

(東大地震研)2023年度客員教員及び共同利用公募・オンライン説明会について


公募要領:
1.2023年度東京大学地震研究所客員教員
2.2023年度東京大学地震研究所共同利用  (和文),  (英文

締切:2022年10月31日(月)

様式:下記の本研究所共同利用ページから所定の様式をダウンロードしてください。
 (),  (

【重要】申請方法:
1.客員教員は、今回から申請方法が変更となりました。
  事前に、件名を「客員教員公募申請」としたメールを上記まで送信して下さい。折り返し書類送付先フォルダを連絡しますので、申請期限までに申請書類一式をフォルダにアップロードして下さい。

2.共同利用への申請は、以下のweb申請システムよりご提出ください。
  web申請システム
  ※英文表記は、画面右上にある「English」ボタンで切り替えることができます。

また、共同利用および客員教員の公募開始に伴い、説明会を以下の通り開催いたしますので、お知らせいたします。

●開催日時:2022年10月4日(火) 14:00~ ※1時間程度を予定しております。
●開催方法:オンライン(zoom) ※申し込みをいただいた後、メールにてzoomURLをお知らせいたします。
●開催内容:
 1. 地震研共同利用について(概要)
 2. 今年度の変更事項
 3. 各種目の申請上の注意(各課題・客員教員・機器利用など)
 4. 質疑応答(よくある質問、事前にお受けした質問など)
 5. 採択後の事務について(納品検収委託手続き・担当窓口など)
 6. 質疑応答(採択後の事務について)
●申込方法:申し込みフォームより事前受付 
●申込締切:2022年10月3日(月)※前日まで受け付けております。

詳細・申し込みフォームは以下のURLをご参照ください。
詳細・申し込みフォーム

◆◇◆ 海外渡航旅費助成金制度のお知らせ(一般枠・IAG基金枠)
(海外渡航を伴わないオンライン国際学会の参加登録料・投稿料への助成も可能です)


日本測地学会は、国際会議等のために海外に渡航する学会員(学生会員を含む)旅費を助成する目的で、海外渡航旅費助成金制度を設けています。
今般の新型コロナウイルス感染状況に鑑み、しばらくの間、海外渡航をせずオンラインの国際会議等で発表する本人の参加登録料及び投稿料への助成も行うことになりました。
*オンライン国際会議等とは、実施団体が海外もしくは国際的な組織であり、日本語以外で発表を行うオンライン方式の学会等。

申請・審査・決定を年3回に分けて行います。詳しくは下記を参照ください。
https://geod.jpn.org/ryohijosei/

◆◇◆ 日本測地学会第138回講演会のご案内と事前登録のお願い


日本測地学会 会員各位

会員各位にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます.
日本測地学会第138回講演会を下記のとおり開催することになりましたので,ご案内申し上げます。

1. 講演会
期日: 2022年10月5日(水) -- 10月7日(金)
場所: 鹿児島大学稲盛会館

事前登録したメールアドレスに接続用Zoom URLを通知(10月3日(月)に配信予定)
プログラム

2. 参加登録のお願い
講演会に参加される方は、必ず2022年9月26日(月) 17:00までに下記の事前登録フォームを用いて事前登録をお願いいたします。
###################################################
 事前登録をしないとリモートでの講演会参加はできませんので,ご注意ください。
###################################################
日本測地学会秋季講演会事前登録フォーム
 https://geod.jpn.org/regist2/index.html

3. 口頭発表は、現地発表とリモート発表をZoomにて配信いたします。
  発表者には、発表方法について9月16日(金)までにご連絡します。

4. ポスター発表は、現地発表のみで、オンライン発表やZoomによる配信は行いません。

5. その他
第138回講演会は測量系CPDポイント対象の学習プログラムです。
詳しくは学会事務局 (nihonsokuchi[at]jsurvey.jp)にお問い合わせください。
([at]を半角@に置き換えて下さい。)

プログラム委員会
prgm[at]geod.jpn.org ([at]を半角@に置き換えて下さい。)

2023年度笹川科学研究助成の募集について


◆ご応募について

■主な募集条件
【学術研究部門】
 ・大学院生等(修士課程・博士課程)
 ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
 ・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件150万円を限度とする

【実践研究部門】
 ・学校・NPO職員等に所属している方
 ・博物館、図書館等の生涯学習施設に所属している学芸員・司書等
 ・年齢、雇用形態は問わない。
 ・助成額は、1件50万円を限度とする

■申請期間
 ・申請期間:2022年 9月15日 から 2022年10月17日 23:59 まで

■申請方法
 Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。
  https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa

<問い合わせ先>
公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
 TEL:03-6229-5365 
 URL:https://www.jss.or.jp
 E-mail:josei[at]jss.or.jp ([at]を半角@に置き換えて下さい。)

JAMSTEC Young Research Fellow 2023 公募


国立研究開発法人海洋研究開発機構では、下記の公募を行っております。

JAMSTEC Young Research Fellow 2023 公募
募集人員 約5名
※締め切りは、2022年9月6日(火) 13時 (日本時間/JST)必着

詳細は下記サイトよりご確認いただきますようお願いいたします。

https://www.jamstec.go.jp/e/work_with_us/jobs/details/jyrf20220906/


【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部人事任用課
JAMSTEC Young Research Fellow 採用担当
jyrf2023[at]jamstec.go.jp ([at]を半角@に置き換えて下さい。)

更新情報

  • 2022年09月28日 日本測地学会賞瀬戸賞 2022年度受賞者3人目を掲載
  • 2022年09月13日 日本測地学会第138回講演会プログラムを訂正
  • 2022年09月12日 海外渡航旅費助成金制度のお知らせ、東大地震研からのお知らせを掲載
  • 2022年09月10日 日本測地学会第138回講演会のご案内と事前登録のお願いを掲載
  • 2022年08月29日 日本測地学会賞瀬戸賞 2022年度受賞者2人目を掲載
  • 2022年08月19日 測地学会公開講座の情報を更新
  • 2022年08月06日  2023年度笹川科学研究助成の募集について掲載
  • 2022年07月28日 公募情報を1件掲載
  • 2022年07月26日 公募情報を2件掲載
  • 2022年07月13日 日本測地学会賞瀬戸賞 2021年度、2022年度受賞者を掲載
更新履歴 >>

ご注意

  • 本ウェブサイト内にあるPDFファイルを閲覧または印刷するためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社から無償で配布されていますので、下記より入手してインストールしてください。
    Adobe Readerダウンロードページへ
  • 本ウェブサイトは、日本測地学会広報委員会および庶務委員会により企画制作されています。本サイトに関しての意見や要望は日本測地学会広報委員会(koho@geod.jpn.org(@を半角の@に変えてください))までお寄せ下さい。
  • 日本測地学会ウェブサイトのリンク・著作権について
    • 本サイトへのリンクは自由に行っていただいて構いません。なお、リンクの設定をされる際は、「日本測地学会ウェブサイト」へのリンクであることを明記してください。
    • 「日本測地学会ウェブサイト」の掲載情報は、日本国の著作権法および国際条約による著作権保護の対象となっています。本サイトの内容の全部または一部について、無断で改変を行うことはできません。
    • 内容に関するお問い合わせは、日本測地学会広報委員会(koho@geod.jpn.org、@を半角の@に変えてください)までお寄せ下さい。
  • 本サイトの動作確認は以下のブラウザで行いました。それ以外のブラウザではレイアウトの乱れが発生する場合があります。
    • Microsoft Edge 90 (Windows10 20H2)
    • Firefox 88 (Windows10 20H2)
    • Firefox 89 (CentOS 7.9)
    • Google Chrome 90 (Windows10 20H2)
    • Safari 14 (MacOS 11 Big Sur)