日本測地学会
The Geodetic Society of Japan

測地学会員の皆様へ

最新ニュース/2021年10月16日

◆◇◆ 日本測地学会第136回講演会のご案内と事前登録のお願い


日本測地学会 会員各位

会員各位にはますご清栄のこととお慶び申し上げます.
日本測地学会第136回講演会を下記のとおり開催することになりましたので,ご案内申し上げます。

1. 講演会
期日: 2021年11月17日(水) -- 11月19日(金)
場所: オンライン(Zoom)

事前登録したメールアドレスに接続用Zoom URLを通知
(11月15日(月)に配信予定)
プログラム

2. 参加登録のお願い
"日本測地学会 メールマガジン 第597号"にて通知されている秋季講演会事前登録フォームから登録して下さい。

3. 口頭/ポスター発表のリハーサルについて
 Zoom発表リハーサルは、11月12日, 15日, 16日の予定です。 

4. ポスター講演の形式について
 ポスター発表一件につき、PDFファイル一つを学会会期中にDropboxのサイトにプログラム委員会が掲示します。当該サイトのURLを記した表を、参加登録者に前日までに周知します。
 発表者との質疑応答は、11/17と11/18の二日間に分けたコアタイムでZoomのブレイクアウトルームを開きますので、ポスターのPDFファイルを共有しながら行ってください。

5. ポスター講演の発表者の方へ
 発表PDFファイルのレイアウトは特に指定しませんが、一つのファイルにまとめてください。
 A0 1枚でもA4数十枚でも構いません。発表PDFファイルは11月10日(17:00必着)までに提出してください。提出の方法はプログラム委員会から、別途お知らせします。

6. その他
第136回講演会は測量系CPDポイント対象の学習プログラムです。
詳しくは学会事務局 (nihonsokuchi[at]jsurvey.jp)にお問い合わせください。
([at]を半角@に置き換えて下さい。)


プログラム委員会
prgm[at]geod.jpn.org ([at]を半角@に置き換えて下さい。)

◆◇◆ 日本測地学会賞瀬戸賞に関するお知らせ


メールマガジン第594号でアナウンスがあった通り、この度、測地学分野の研究を志す学生や若手研究者を奨励するため、日本測地学会賞瀬戸賞が創設され、瀬戸賞規程が制定されました。

日本測地学会賞瀬戸賞規程

瀬戸賞には研究スタートアップと出版支援の二つのカテゴリがあります。

応募は随時受け付けております。上記pdf中の日本測地学会賞瀬戸賞応募手続き細則をご確認の上、我こそはと思われる方は積極的に応募してください。

なお、申請書のWordファイルは以下のリンクからダウンロードできます。
申請書

企画委員長 松本晃治

国立研究開発法人海洋研究開発機構より公募のお知らせ


国立研究開発法人海洋研究開発機構では、下記2件の公募を行っております。
詳しくはリンク先をご参照ください。

★海域地震火山部門 地震津波予測研究開発センター 観測システム開発研究グループ
研究員 公募
募集人員 1名
※締め切りは、2021年11月29日(月)13 時(日本時間/JST)必着

■日本語ページ
http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/feat20211129.html
■英語ページ
http://www.jamstec.go.jp/e/work_with_us/jobs/details/feat20211129.html


★海域地震火山部門 地震津波予測研究開発センター 観測システム開発研究グループ
ポストドクトラル研究員 公募
募集人員 2名
※締め切りは、2021年11月4日(木) 13時 (日本時間/JST)必着

■日本語ページ
http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/feat20211104.html
■英語ページ
http://www.jamstec.go.jp/e/work_with_us/jobs/details/feat20211104.html


【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当
recruit-app[at]jamstec.go.jp ([at]を半角@に置き換えて下さい。)

東京学芸大学宇宙地球科学分野テニュアトラック教員の公募について


固体地球物理学関連の各学会・団体の皆様

東京学芸大学宇宙地球科学分野では、下記の要領でテニュアトラック教員(准教授)の公募を行います。奮ってご応募下さいますよう、お願い申し上げます。

なお、応募にあたっては、着任が令和5年4月であることをご承知おきください。
大学が課程認定を受ける都合上、公募期間が1ヶ月(10月15日締切)しか取れない厳しい日程となっておりますが、ご容赦ください。

東京学芸大学 宇宙地球科学分野 主任 土橋一仁


1.職名及び人数
准教授 1名

2.所属組織
研究組織: 自然科学系 広域自然科学講座 宇宙地球科学分野
教育組織: 地学教室

3.専門領域
固体地球物理学

4.職務内容
(1)学部生並びに大学院生の教育・研究指導
   主な担当科目:地学概論I,地学概論II,地球物理学,地球物理学概説B,地学実験,地球物理学実験
(2)固体地球物理学および地学に関する研究
(3)教員養成及び大学運営に関する業務

5.応募資格
(1)博士の学位を有すること。
(2)専門分野の研究歴を有すること。
(3)理科教育に関心があり,本学が教員養成系大学であることを理解し,関連業務に積極的に従事できること。
(4)学部・大学院における地学・宇宙地球科学関係の講義(野外実習を含む)並びに学生・院生の研究指導を担当できること。
(5)理科(地学)教室・宇宙地球科学分野と協働して,学内の各種プロジェクトに参加できること。
(6)授業及び職務遂行に支障のない日本語能力を有すること。
(7)担当科目について,教職課程認定上必要とされる教育又は研究上の業績を有していること。
(8)小学校教諭,中学校教諭(理科)及び高等学校教諭(理科)の教員免許を有することが望ましい。
(9)小学校・中学校の学校現場において指導経験を有することが望ましい。

6.採用予定日
令和5年4月1日

7.テニュアトラック期間
5年(令和10年3月31日まで)
※ただし,テニュアの付与に係る審査の結果,テニュアトラック期間を延長することが認められた場合は,3年を限度として延長することができる。

8.給与等
東京学芸大学新年俸制による年俸給与(令和5年4月1日から適用予定)

9.提出書類
(1)履歴書1通(写真貼付,連絡先の電話番号及びe-mail アドレスを必ず明記)
(2)研究業績一覧(①著書,②論文,③教育実践記録等,④その他に分けて記入。査読の有無を明記)
(3)主な研究業績5点(コピー可)
(4)担当授業科目に関する研究業績等一覧(別紙様式
(5)教育業績一覧
(6)社会貢献・学会活動実績一覧
(7)研究活動の概要と今後の研究及び教育に対する抱負(2000字程度)
(8)外部資金の獲得状況や産業財産権など
※(1)から(8)を紙媒体に出力したものを1部(A4横書き・片面印刷)とPDFファイルをUSBメモリーに収め同封すること。

10.提出期限
令和3年10月15日(金)必着

11.選考方法
(1)東京学芸大学教員選考規程に基づいて行う。
(2)本学の教員の選考においては,男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号)の精神を尊重し,業績等の評価において同等と認められた場合には,女性を積極的に採用する。
(3)本学は国籍,障がい等による差別を排除し,公平な選考を行う。
(4)必要に応じて面接(模擬授業等を含む)を行う。
(5)選考結果については,選考が終了次第本人宛に通知する。
(6)提出書類は原則として返却しない。
(7)応募に関わる費用(面接等の旅費を含む)は応募者の負担とする。
(8)海外在住等により,書類等の提出が難しい場合には,「14.問い合わせ先」へ問い合わせること。

12.書類送付先
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学自然科学系長 國仙久雄
封筒の表に「広域自然科学講座・宇宙地球科学分野教員応募書類」と朱書きする。

13.テニュア審査
テニュア教員(任期を付さない雇用)への採用は,テニュアトラック期間終了年度にテニュア審査を実施します。なお,中間評価を3年目に実施し,中間評価において特に優れた業績をあげたテニュアトラック教員は,任期途中でもテニュア教員に採用されることがあります。

14.問い合わせ先
東京学芸大学自然科学系 宇宙地球科学分野主任 土橋一仁
メールアドレス:dobashi@u-gakugei.ac.jp(@は半角に変換してください)
件名には必ず「教員公募について」と記入すること。
なお,「8.給与等」に関する問い合わせ先:東京学芸大学総務部人事課人事係
メールアドレス:jinjika@u-gakugei.ac.jp(@は半角に変換してください)

15.その他
提出いただいた個人情報は当公募の選考にのみ利用します。応募書類は,個人情報保護法に則り適切に処分します。


◆◇◆ 海外渡航旅費助成金制度のお知らせ(一般枠・IAG基金枠)


(海外渡航を伴わないオンライン国際学会の参加登録料・投稿料への助成も可能です)

日本測地学会海外渡航旅費助成審査委員会は、下記の要領で次の募集を行います。

 締切: 2021年10月29日(金)
 申請先:測地学会事務局 nihonsokuchi@jsurvey.jp
(@を半角の@に変えてください)


詳細は海外渡航旅費助成金制度のページをご参照ください.
なお、次の募集は2022年1月頃を予定しています。

更新情報

  • 2021年10月16日 第136回講演会のご案内と事前登録のお願いを掲載
  • 2021年10月09日 日本測地学会賞瀬戸賞に関するお知らせを掲載
  • 2021年10月08日 公募情報、瀬戸賞申請書を掲載 坪井賞規程更新
  • 2021年10月06日 学会会則更新、瀬戸賞規程、休会申込書を掲載
  • 2021年09月11日 第136回講演会開催案内PDFを差替え
  • 2021年09月10日 公募情報を1件掲載
  • 2021年09月06日 海外渡航旅費助成金制度のお知らせを掲載
  • 2021年09月03日 講演会申込用Excelファイルを差替え
  • 2021年09月02日 臨時総会開催案内を掲載
  • 2021年09月01日 第136回講演会講演申込案内を修正
更新履歴 >>

ご注意

  • 本ウェブサイト内にあるPDFファイルを閲覧または印刷するためには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はAdobe社から無償で配布されていますので、下記より入手してインストールしてください。
    Adobe Readerダウンロードページへ
  • 本ウェブサイトは、日本測地学会広報委員会および庶務委員会により企画制作されています。本サイトに関しての意見や要望は日本測地学会広報委員会(koho@geod.jpn.org(@を半角の@に変えてください))までお寄せ下さい。
  • 日本測地学会ウェブサイトのリンク・著作権について
    • 本サイトへのリンクは自由に行っていただいて構いません。なお、リンクの設定をされる際は、「日本測地学会ウェブサイト」へのリンクであることを明記してください。
    • 「日本測地学会ウェブサイト」の掲載情報は、日本国の著作権法および国際条約による著作権保護の対象となっています。本サイトの内容の全部または一部について、無断で改変を行うことはできません。
    • 内容に関するお問い合わせは、日本測地学会広報委員会(koho@geod.jpn.org、@を半角の@に変えてください)までお寄せ下さい。
  • 本サイトの動作確認は以下のブラウザで行いました。それ以外のブラウザではレイアウトの乱れが発生する場合があります。
    • Microsoft Edge 90 (Windows10 20H2)
    • Firefox 88 (Windows10 20H2)
    • Firefox 89 (CentOS 7.9)
    • Google Chrome 90 (Windows10 20H2)
    • Safari 14 (MacOS 11 Big Sur)